顔を触る人

真皮層を引き上げる高周波

女の人

脂肪が原因なら脂肪吸引

顎のたるみは、老け顔や太って見える原因となるため、すっきりしたフェイスラインを手に入れたいという人は多いでしょう。しかし、ダイエットやマッサージをしても、たるみを改善するのは難しく、美容外科で施術を受けるのが、最もスピーディーで確実な方法となります。美容外科で受けられる顎のたるみの施術は、高周波治療、脂肪溶解注射、脂肪吸引、糸によるリフトアップ、フェイスリフトの5種類があります。高周波治療は、高周波を照射することにより、肌の深層に働きかけ、肌の弾力やハリを取り戻す方法です。ダウンタイムの必要もなく、手軽にできるのが特徴で、キュッと引き締まった顎を実現できます。真皮層がたるんでいるタイプに、高い効果があります。脂肪溶解注射は、脂肪を溶かす溶液を顎に注入し、脂肪細胞を体外に排出し、たるみを改善する方法です。加齢で体重が増加し、脂肪により顎がたるんで見える人に効果のある方法で、2回から3回の施術で、シャープなフェイスラインを手に入れることができます。脂肪吸引は脂肪を吸引し、脂肪細胞を除去することでたるみを改善する方法です。たるみの原因となる脂肪を除去するだけでなく、吸引時の刺激が引き締めを促すため、即効性のあるたるみ治療が行えるのが特徴です。糸によるリフトアップは、こめかみから溶解性の糸を挿入し、顎を引き上げ、たるみを改善する方法です。糸が解けるまで効果が持続し、1年から2年に1度のペースで施術を行うと、より効果があります。脂肪吸引と合わせて行うと、より効果的に改善できます。フェイスリフトは、こめかみ周辺を切除し、皮膚を引き上げ縫合し、顎のたるみを改善する方法です。たるみ改善効果も高く、半永久的に効果が持続しますが、ダウンタイムは1週間から2週間と、長めになります。また、筋肉の発達によってたるんだ顎には、ボトックス注射も効果がある治療法です。効果は、半年から1年続きます。このように、美容外科では色々な施術の方法があるので、顎のラインを整えたい人は、検討してみてはいかがでしょう。