照射施術なら楽に行える

女性

切る必要はありません

年齢を重ねれば顎のたるみも目立ってきます。その多くの場合、皮膚のたるみが原因となっているため、ダイエットで改善させることは難しくなります。なので、改善させるためには医療機関で施術を受けなければなりません。美容クリニックでは、顎のたるみ治療に対して専門メニューを設けているので細やかな治療が受けられます。たるみ治療においては、メスを使用した施術を想像される方もいらっしゃいますが、照射マシンによる施術で回復可能です。美容クリニックでは顎のたるみ治療として、ウルセラやサーマクールが用いられており、いずれも多くの方が高い効果を実感しています。ウルセラは超音波を照射する治療マシンで、肌表面に負担を与えることなく受けられます。このウルセラから発せられた超音波は、顎の奥の筋肉に作用します。超音波は熱エネルギーとなって筋肉を刺激し、筋肉に引き上げ効果をもたらしてくれます。照射後引き上げ効果がピークに達するまでに数ヶ月必要としますが、確実に改善されていきます。ウルセラの料金は、顎の下のたるみ治療を目的とする場合30万円から40万円程の価格帯となっています。また、手術と同等の効果を得ることができるため、切る施術を避けたい方々から人気を得ています。顎のほか顔のたるみなど、部位を組み合わせたセットメニューを用意しているところも多く、複数の部位を施術する場合は料金も加算されていきます。あごのたるみに限定して治療にするのか、顔を含めて治療するのか、目的に合わせてコースメニューを選ぶと良いでしょう。サーマクールは、高周波によって肌を刺激し、肌内部のコラーゲンの生成を促進させる目的で使用されます。肌のたるみはコラーゲンの減少が大きな原因となっているため、顎下のコラーゲン生成を促すことでハリのある見た目に戻すことができるでしょう。また、肌質の改善効果もあるため、若返りに関心のある方々から選ばれています。費用としては1回10万円から20万円程で受けることができます。照射量によって料金が変わってくるので、医師と相談しながら治療方針を定めていくと良いでしょう。

カウンセリング

切開しないので安全

二重顎や輪郭をすっきりと整えたり、しわやたるみをなくしたりできるのが、ボトックス注射や糸のリフトアップ法です。ボトックス注射をすれば、エラがなくなって小顔になります。糸のリフトアップ法は糸だけで顔が若返ります。

ナース

悩み別美容外科の選び方

現代では顎のたるみに悩んでいる人がほとんどです。しかもその悩みは原因も症状も様々です。美容外科では患者のニーズに応えるため、たくさんの施術プランが用意されています。自分に合った治療法が医師と相談することで必ず見つかるでしょう。

女の人

真皮層を引き上げる高周波

顎のたるみを改善する美容外科の施術には、5種類の治療法があります。真皮層がたるんでいるなら高周波治療、脂肪のたるみには脂肪溶解注射、脂肪吸引、糸によるリフトアップが効果的です。目的に応じて選択するとよいでしょう。

レディ

フェイスラインを若々しく

顎のたるみは老けた印象を与えてしまいます。自分でフェイスラインを引き上げることは難しいので、美容外科の施術を受ける方が確実です。メスを使う方法も、使わずに済む方法もあります。自分の希望を伝えれば、最適な治療法を選んでもらえるでしょう。

困り顔の女性

基本的に手術で治せる

顎のたるみが気になり始めたら、軽度の場合には美肌マシンを、中程度の場合にはマシンとリフトアップを、重度の場合にはリフトアップ手術をすることで解消が可能です。大幅に若返りができるので気になっている方は試してみましょう。